英語
遠照寺トップページ
遠照寺について
年忌・法要依頼
年中行事・催し物
交通案内
お問い合わせ

直近の催し物

松の木ライトアップとコンサート 12月20日(火)~31日(土)午後5時~8時まで
12月20日(火)〜31日(土)午後5時から8時まで、31日は除夜の鐘を撞き終わるまで松の木のライトアップを行います。今年で3回目の点灯です。静けさの中で佇む鶴亀の松をご覧ください♪24日(土)は午後4時から本堂でアコースティックバンドによるライトアップコンサートを開催します。

アコースティック・バンドGAHO ライトアップコンサート 12月24日(土)午後4時~5時
アコースティックギターとウッドベースで、ベンチャーズの曲や聴きなじみのある懐かしい曲を演奏します。ライトアップされた鶴亀の松とクラシックな夕べをお楽しみください。
日時:12月24日(土) 午後4時~5時頃
場所:遠照寺本堂  参加費:無料  ※参加希望者はお問い合わせ(内藤)まで。

テンプルモーニング 爽やかにお寺の朝から始めましょう♪
テンプルモーニングという言葉を聞いたことがありますか?お寺の境内を掃除し心を整えて一日を始める朝の修行です。本堂でお経を唱えて境内の掃除、お話とお粥を召し上がっていただき解散、という1時間の修行です。予約なしでどなたでも参加していただけます。朝のひととき、爽やかに一日を始めましょう。
日時:毎月第3日曜日午前7時から8時 8/21 9/25 10/16 11/20(9/25のみ第4)
場所:遠照寺本堂前  会費:無料 途中参加、途中退席自由
持ち物:マスク、軍手、タオル


月イチほがら写経会 毎月最終週の土曜日 午後2時~4時
写経は、お経を書き写す仏道修行のひとつです。文字の一文字一文字が仏様と思って書き写してみましょう。最後に身体健全、心願成就などの願文を書き入れます。集中して無心になれるひとときを楽しみませんか。いつからでもどなたでもお越しください。
持ち物:マスク、老眼鏡(必要な方)  会費:500円(写経用紙他実費)
※12月24日(土)の写経会は、ライトアップコンサートのため、午後1時から3時までの開催となります。引き続きコンサートをお楽しみください。
お寺DEストレッチヨガ(土曜夜クラス)毎月第1・3土曜日 午後7時30分~8時30分
毎日の仕事や家事育児からちょっと離れて身体をほぐしてあげましょう。老若男女どなたでもご参加いただけます。ヨガの後は温かい飲み物とプチ法話を。檀家様以外でもどなたでもご参加いただけます。

お寺DE楽々チェアヨガ&法話茶話会(平日午後クラス)毎月第1・3木曜日 午後2時~3時30分
椅子に座ってゆっくりリラックスしながら身体を動かしましょう。無理なく楽しく元気よく!身体の調子を調えましょう。檀家様以外でもどなたでもご参加いただけます。※12月のチェアヨガは、コロナ感染症のため、見合わせています。

お知らせ

今月の御首題 『感謝』 クリスマスローズ

遠照寺だより 最新号「ほがらほがら♫」 第9号を掲載しました。

北杜の星空を楽しむ♪ 星空観察会を開催しました。
星空観察会日和♪風もなく、雲もなく、あまり寒くもなく、
冬の大三角形も、冬のダイアモンドも、朝ドラのアルデバランも、
観ると長生きすると言われるカノープスも綺麗に観られました♪
遠方からは可愛い子供たちも参加して下さって、賑やかでした。焚き火の炎癒されますねー♪
星見里の会の皆様、ご案内ありがとうございました。次回は夏の星座の観察会をとの声が上がり、梅雨明け後に計画させていただくことになりました。大自然の懐に抱かれて、星見里の名前の通り北杜の魅力を感じたひとときでした。

松の木のライトアップをしました♪
冬空に佇む雄姿をぜひご覧ください。 【映像はこちら

御首題帳づくり教室を開催しました。
催しの様子はこちら

信仰のお山 七面山登詣
七面山に登ってきました♪梅雨明けの素晴らしいご来光を拝することができました。
七面山登詣2021.7.17~18
 https://photos.app.goo.gl/GaFfQ6Rduc11gLke6

絵師 映水先生による「やさしい写仏教室」を実施いたしました。
11月14日、黄金色の銀杏の葉っぱが彩る遠照寺本堂で写仏教室を行いました。筆の持ち方、墨の擦り方、そして呼吸法も取り入れた「マインドリフレクション」という方法を教えていただき、とても穏やかで静かな時間を過ごしていただけました。終了後はお抹茶一服とひとくちの寺みす(ティラミス)をお召し上がりいただきました。
映水先生は、写仏の裾野を広げる活動をされていて、遠照寺でも春のお彼岸にワークショップ形式の体験会をして下さることになりました。お楽しみに。
今回の様子はフォトギャラリーに掲載しています。

 
 
     

コキアdeホウキのワークショップ♪
鶴亀の松の横の1000本のコキア。そのコキアでホウキ作りのワークショップを開催しました。手作りホウキがお家でも活躍してくれるかな。

  映水さんの写仏会in遠照寺
4回目の写仏会を開催しました。筆の持ち方、呼吸の仕方など優しくご指導下さり、大人も子供も楽しめる写仏会となりました。
     
     
護持会 輪番奉仕作業
遠照寺の護持会では、10地区の方々が交代で輪番奉仕作業にいらして下さいます。鶴亀の松の下草や境内の草刈りをして下さる有り難い行いです。
  コキアズストーリー
6月に植え付けし、8月にはコロコロの緑になり、10月初めに赤く色づいてきました。草刈りは大変ですが、赤くなってくるとその大変さも忘れちゃいますね。

どんな結果も自分次第
他人のせいにするべからず

今月のお言葉は、「波木井殿御書」の中の「各々の信心に依るべく候」からですが、これはちょっと手厳しい内容です。この文章の前には葬儀や四十九日法要の際に導師がよく話される以下の文章が綴られています。
「日蓮は日本第一の法華経の行者である。我が弟子信者等の中に私の後から来る者がいたなら、梵天、帝釈天、四天王や閻魔法王等の前で「日本第一の法華経の行者、日蓮御房の弟子信者なり」と名乗って通られるがよい。この法華経は三途の河を渡る時には船となり、死出の旅ら路では大きな白牛が引く車となり、冥途への道中では燈明となり、霊山浄土へ渡す橋ともなるだろう。霊山へ来られたなら、その入り口である北東の方角(丑寅)の渡口で日蓮をお呼びなさい。必ずそこでお待ちしているから。」
と心強いお言葉を掛けて下さるのですが、その後に「ただし、各々の信心に依るべく候」と続き、「信心が弱ければ日蓮の弟子ですと名乗ってもだめですよ、谷へ落ちても大阿鼻地獄に落ちても日蓮を恨まないで下さいね。返す返すも各々の信心に依るのですよ。」と信心の強さを問うています。亡くなった後、丑寅の渡り口で日蓮聖人が待っていて下さる安心感💕


遠照寺 今月の御首題
10月御首題

オリジナル御首題はこちら

各種 申し込み・お問い合わせ先
副住職 tel: 080-5062-1868
住職・副住職
副住職
face book
副住職
instagram
face book instagram

遠照寺 四季の風景

遠照寺だより ほがらほがら
フォトギャラリー
すたま食ごよみ

トップページ 遠照寺について 年忌・法要依頼 年中行事・催し物 遠照寺だより「ほがらほがら♪」
 直近の催し物  歴史  法事・法要依頼 交通案内 フォトギャラリー
 お知らせ  境内・文化財  年忌表・御朱印 お問い合わせ すたま食ごよみ
 今月のお言葉
 Face book
Copyright(c)遠照寺.All Rights Reserved.